腰痛



 

腰痛の症状と原因

 

腰痛の症状

腰痛をかかえている人多いですね。
痛みまではいかなくても、ハリ感、重さ、ダルさ…色々ありますね。

 

 

人間の骨格は座るのに向いてない!?

現代では座っている時間がどうしても長くなりがちです。長時間座っている時、座っているところから立ち上がろうとした時に腰に違和感を感じる人多いのではないでしょうか?

 

人間の骨格はそもそも座るという行為に不向きにできています。お尻があるいわゆる骨盤は横から見ると逆三角の形をしているので姿勢を綺麗に保つのが難しいんです。それなのに座ってる時間が長かったら体に違和感が出るのはある意味当然と言えるでしょう。

 

座っている姿勢というのは股関節の前側の筋肉が縮んでいて、この部分にある筋肉が硬くなって柔軟性が少ないと腰痛を引き起こす原因になることがあります。座っている姿勢の時、上半身と下半身を繋いでくれている姿勢維持に極めて重要な筋肉の「大腰筋」が縮んでしまっています。

 

大腰筋は股関節に近い内側の太ももから背骨(胸椎下部〜腰椎)についている筋肉です。
横から見ると大腰筋は骨盤を挟んで太ももから斜め後ろに向かってついています。したがって座った状態だと縮んでいるということが分かると思います。

 

では、なぜ長時間座った状態から立ち上がろうとした時になぜ痛みが出るのか。

 

 座った状態=大腰筋が縮んだ状態

 座った状態から立ち上がる=大腰筋が縮んだ状態から伸ばす

 

言い換えれば縮んでしまった筋肉を伸ばすということです。これ、ストレッチみたいですよね?

 

皆さん苦手なストレッチありますか? 苦手なストレッチをすると少し伸ばしただけで痛み感じますよね? 大腰筋が硬いと苦手なストレッチをした時と同じことが座った状態から立ち上がる時に起きてるんですね。ちょっと難しかったかもしれませんが分かりましたか?

 

 

骨盤にある関節? そこから腰痛?

次にあげる原因としては骨盤にある関節の動きが硬くなっているということがあります。骨盤は大きく分けて左右の股関節やお尻を構成している骨(寛骨)と真ん中にある骨(仙骨)に分けられます。骨盤にある関節とは、この真ん中の骨と左右の骨の間にある仙腸関節のことです。仙腸関節は、肩関節や股関節のように目に見えて大きく動く関節ではありませんが、とても重要な関節です。

 

ここの動きが硬くなると骨盤の上にある腰の筋肉の動きも制限されてしまって筋肉疲労が溜まってくるとぎっくり腰を引き起こしてしまったりします。イメージとしては錆びた自転車をこぐより新品の自転車をこぐ方が油がささっていて疲れないといった感じでしょうか。硬い状態になってしまうと、腰の筋肉から柔軟性が失われて疲労がどんどん溜まってしまいます。そうするとふとした瞬間に痛みを感じてしまうんですね。

 

 

腰痛の原因は姿勢にあることが多い

 

 

お尻プリプリ歩きは腰痛のもと??

では、どういう人が骨盤の動きが硬くなりやすい、もしくは硬い人なんでしょうか?

 

同じ姿勢で長い時間いることが多い人や歩幅が狭い人が当てはまります。あとは街中で特に女性で見かけますが、お尻をプリプリ横に振って歩いてる人は股関節や骨盤(仙腸関節)の動きが硬いんだろうなぁ…、ちゃんと使えてないなぁなんて思います。

 

なぜなら、お尻を横に振って歩く動きは股関節や骨盤を使うのではなく背骨をねじる動きをメインにして歩いてるからです。そうすると使ってないぶんだけ硬くなりやすくなってしまいます。

 

 

当サロンでの腰痛への施術

ここまで2つの原因を挙げましたが、腰痛になってしまう原因はまだまだたくさんあります。

 

これまで診させていただいた方のなかには、今にも腰をピキッとやってしまいそうだと訴えていた方に頭部まわりの施術をしたらスッキリして恐さがなくなったということもありました。

 

人それぞれ仕事も違えば生活習慣も様々です。ですから、腰痛の人にはこういう施術をしますよという決まったパターンはありません。筋肉を揉みほぐすのか、ストレッチをするのか、それとも骨格調整を行うのか。一人一人の方に合わせた施術で辛さを取り除いていきます。

 

 

 

ひとしらずの腰痛への治療法

 

 


 

その他の症状解説:

頭痛

肩こり

攣る(つる)

冷え性

下半身太り

ダイエット

肩の痛み(四十肩・五十肩)

肘の痛み

手首・指の痛み

肩甲骨

低気圧と体の関係

 


 

HOME