肩甲骨



 

肩甲骨とそのまわりの柔軟性

 

肩甲骨

 

今回は今までの症状解説とは少し違う視点から肩甲骨について書いていこうと思います。

 

肩甲骨とは

皆さん、肩甲骨の位置は分かりますよね?腕を動かすときに一緒に動く背中側にある骨です。肩甲骨ダイエットとか肩甲骨はがしとか、テレビや雑誌で目にしたことがあるかもしれません。

 

肩甲骨というのは腕の骨のように肩関節についていたり、頭の骨(頭蓋骨)のように首の骨の上に乗っかっていたりしているわけではなく、周りの筋肉に支えられているので結構自由に動きます。柔軟性があると左右の肩甲骨をぶつけられるくらいまで寄せることもできます。

 

でも猫背だったり肩や顔が前に出てしまっていると肩甲骨もつられて横に流れてしまいます。通常、肩甲骨は背骨を挟んでまっすぐになってるんですが、横に流れるとカタカナのハみたいに斜めになっちゃいます。そうなると背中の筋肉はパンパンに引っ張られて、逆に前側(胸側)の筋肉はギュッと縮んだ状態になってしまいます。

 

この状態が続くと肩甲骨を寄せようにも前側の筋肉が思うように伸びなくて寄せられません。胸の筋肉が伸びないので深呼吸をしたくても息が深くに入らないような感じになっちゃいます。良くないですね…

 

肩甲骨まわりのストレッチ

そこで、ストレッチをしているって人もいるかと思います。その時の注意点をいくつか。腕を回してストレッチしてる人いるかと思うんですが、回すんなら基本後ろ回しだけで大丈夫です。なぜなら前回しの動き…肩を前に出して前側の筋肉を縮めてるのと同じような感じになっちゃってストレッチ効果薄いですからね。

 

あと腕を回すときはなるべくゆっくりです。筋肉が伸びてるなぁっていうのを感じながらやってあげてください。

 

肩甲骨のストレッチマッサージ

 


その他症状解説:

頭痛

腰痛

肩こり

攣る(つる)

冷え性

下半身太り

ダイエット

肩の痛み(四十肩・五十肩)

肘の痛み

手首・指の痛み

低気圧と体の関係

 


 

HOME