肩の痛み(四十肩、五十肩)



 

「肩が痛い」という症状

肩の痛み

 

【四十肩や五十肩】

肩の痛みについて書いていきますが、肩が痛い症状の代表的なものに四十肩、五十肩がありますね。この2つは呼びかたが違うだけで同じ症状です。正式には肩関節周囲炎と呼ばれます。

 

そして、ひと言に肩が痛いと言っても痛みが出る動きは人によって違いますよね。腕を前から挙げるのが痛いのか、横から挙げるのが痛いのか、それとも上着を着るときのように少し後ろに引くのが痛いのか…。痛みが出る動きが違っても根底にある原因ってそこまで変わりません。

 

 

【どうして肩が痛くなってしまうのか】

では、どうして肩が痛くなっちゃうのか?それは…普段の動きの偏りからくる筋肉の硬さが関係しています。

 

人が日常行う動きで腕を前に出して行うことって非常に多いですよね。反対に腕を後ろに引いて行うことってほとんどありませんよね。

 

そうすると使われる筋肉が偏ってしまって、たくさん使われてる筋肉はどんどん疲労してしまいます。前に出す動きばかりするので後ろに引く動きが極端に少ないので、どんどん前に引っ張られていっちゃうんですね。そうすると背中が丸くなったり、肩が内側(胸側)に引っ張られてしまいます。

 

硬くなった筋肉は柔軟性が少なくなっているので、いざ腕を挙げようとした時に伸びてくれないと痛みを出しちゃうんですね…。人によっては肩関節に筋肉を挟んじゃう感じで痛みが出る人もいます。ほっておいたら痛みが消えたなんて話もたまに聞きますが、根本的な部分が改善されていなければ痛みが再発する可能性は充分にあります。

 

肩の痛みをマッサージにて和らげる

 

肩の痛みをとるための施術

最後に当サロンでの施術について書きます。肩が痛いと言っても痛みが出る動きって人によって様々です。それによって重点的に診る部位は変わっていきます。肩こりの項目でも書きましたが、骨盤調整をしたら痛みがなくなった方もいました。痛みが出る動き、角度、どこまで動かせるのかで施術は違っていきますが、整体や骨格調整などの手技を用いるボディデザインコースがオススメです。

 


その他症状解説:

頭痛

腰痛

肩こり

攣る(つる)

冷え性

下半身太り

ダイエット

肘の痛み

手首・指の痛み

肩甲骨

低気圧と体の関係

 


 

HOME