冷え性



 

冷え性のメカニズム

 

冷えは健康維持の大敵

冷え性の女性多いですね。しかし、体が冷えて体温が低いと免疫力が低下したり代謝が悪くなったりと良いことはありません。体温が1℃低下すると免疫力は30%低下すると言われています。ですから冷えは健康維持の大敵と言えるでしょう。

 

冷え性の女性が多いのは?

では、どうして冷えてしまうのでしょうか?

 

まず理由として筋肉量の問題が挙げられます。一般的に男性と女性ではやはり男性のほうが筋肉があります。筋肉があるということはそれだけ熱を生み出すということです。これは筋肉量が少ないと冷えやすいとも言えますね。だから男性より女性に冷え性の人が多いんです。

 

 

お腹と冷え

冷え性の人のなかでも手先や足先が冷えやすいって人結構いるんじゃないですか?どうして手先や足先が冷えるのでしょうか?

 

ずばり!お腹の筋肉が硬いと冷えやすくなってしまいます。…お腹??って気がしますよね。順に説明していきましょう!

 

まず、筋肉が硬いというのは血行が悪いということです。血行が悪いと充分にエネルギーが巡らず冷えてしまいます。また筋肉が硬いということは充分に運動させられていない、動かすことができていないということです。筋肉は動かすことで熱を発しますから、動かしていなければ冷えているということになります。

 

次にお腹まわりには内臓がたくさんあります。ここからが大事なポイントですよ。内臓の近くにある筋肉が冷えていたら自然と内臓も冷やされてしまいます。普段意識することはあまりないと思いますが、内臓というのは人間が生きていくのに非常に大切です。内臓が冷えると機能が低下してしまうので体はどうにか温めようとします。そのために血を巡らせていくんですね。

 

内臓やお腹があるのは体の中心です。そこに血を巡らせようとすると体の末端にある手先や足先は反対に疎かになってしまって冷えてしまいます。内臓は生きていくのに非常に大切ですが、末端が冷えていても極端に言えば冷たいと感じるだけで問題ないですからね。

 

なんとなくイメージできましたか?

 

冷え性の原因

 

長時間の座り姿勢が冷えの原因!?

では、なぜお腹の筋肉は硬くなってしまうんでしょうか? これはもの凄く単純ですが、普段の生活のなかでお腹の筋肉を縮める機会は多いのに伸ばす機会が極端に少ないからです。

 

皆さん、座ることはありますよね。デスクワークの人の中には1日のうち立ってる時間より座ってる時間のほうが長い人もいるかもしれません。座ってる姿勢はお腹が縮められた状態です。この状態で長時間いるだけでも筋肉は硬くなってしまいます。

 

では、お腹を伸ばしている姿勢ってどんな姿勢でしょうか?座っていると縮んでいるわけですから、その逆で腰を反るような姿勢ですよね。

 

腰を反らすまでじゃなくても、思いっきり伸びをするだけでもお腹は伸ばされます。普段の生活のなかでそういう姿勢の時間ってどれくらいありますか?意識して伸ばさないとほとんどないと思います。このバランスの悪さがお腹の筋肉を硬くしてしまうんですね。

 

冷え性で悩んでる人多いと思いますが、仕方ないと諦める前にちょっと意識してみてください。ちょっとの意識で体は変わります!

 

 

 


 

その他症状解説:

頭痛

腰痛

肩こり

攣る(つる)

下半身太り

ダイエット

肩の痛み(四十肩・五十肩)

肘の痛み

手首・指の痛み

肩甲骨

低気圧と体の関係

 


 

HOME