ダイエット



 

今回はダイエットについて書いていきます。いろんなダイエット法があって、皆さんも何かしらやったことがあるのではないでしょうか。ここではダイエット法とは少し違った視点から触れていこうと思います。

 

1日にどれくらいカロリーって消費されるの?

ダイエット

 
それではさっそく、そもそも人が生きていくのに1日にどれだけの栄養が最低限必要なのでしょうか?ここでは成人の女性を基準として紹介していきます。

 
まず基礎代謝は約1,110キロカロリーです。基礎代謝とは何もしないでいても消費するエネルギーのことです。そこから家事をしたり仕事をしたりしたら更にエネルギーを使います。それらと基礎代謝を合わせると1日約1,940キロカロリーくらいは必要になります。ですから、1日の間に摂取したカロリーがこれを上回れば徐々に体重は増えるし下回っていれば徐々に体重は減っていきます。

 

体脂肪1kgってどのくらい??

皆さんは体脂肪1kgって何キロカロリーか知ってますか?約7,200キロカロリーです。先ほど成人女性の1日の推定必要量が約1,940キロカロリーだとお伝えしましたが、だいたい4日分くらいですね。こう見ると体脂肪を1kg落とすって結構大変なことに思えます。

 
そこで少し考え方を変えましょう。

 
1ヶ月で1kgダイエットしようとした場合。1ヶ月30日だとして7,200キロカロリーを30日で割ると1日あたり240キロカロリーです。それさえカットできれば痩せられるんです。1日240キロカロリーならさっきより少しできそうな気がしてきませんか?

 
ちなみに240キロカロリーって運動でいえばウォーキング約50分、ジョギング約30分くらいです。食べものだと…生卵3個くらい(笑)分かりにくいと思うので、皆さんがこの後食べようと思っているもののカロリー表示を見てみてください。意外に少ない量じゃありませんか?

 

 

ダイエットをする上で気をつけたいこと

ダイエットのための姿勢矯正

 
ダイエットに成功してもリバウンドしちゃったら元も子もないですね。そこで気をつけたいのが体脂肪は減らしても筋肉はなるべく減らさないということです。筋肉が減るとそれだけ基礎代謝が落ちてしまいます。せっかく痩せても太りやすい体になっていたら残念ですからね。

 
糖質制限ダイエットや糖質カットなんて言葉を耳にしたことがある人いると思います。糖質は悪者みたいに扱われていますが、摂り過ぎたら体に良くないというだけで必要です。脳を働かせるには糖質が必要なんですが、あまりにも摂る量が少なかったり体の中で枯渇してくると筋肉を分解してエネルギーにしようとします。要は筋肉量が減少するってことです。

 
それを防ぐためにも1日に最低100gの炭水化物、お茶碗一杯分くらいのご飯は摂らないといけません。むやみやたらに食べる量を減らすのではなく、バランス良く適度に摂取していくようにしましょう。

 
あとダイエットをするとどうしても早くに結果を欲しくなってしまいますが、急激に体重を落とすと体に負担がかかってしまいます。落とすとしても1ヶ月で現在の体重の5%以内を目安にしてください。

 
 

まず最初の一歩を踏み出しましょう!

ここまでダイエットについて色々と書いてきましたが、1日に240キロカロリー…食事はバランス良く、でも食べ過ぎないように…やっぱり運動しないとダメなんだな…。なんてことが頭の中をグルグル回って気が重くなってる人がいるかもしれません。

 
でも、何事も最初の一歩がなければ次の一歩はないです。いきなり全部に意識を向けるんじゃなくて、できそうなことから始めてみてください。いきなりウォーキングとかランニングは大変そうだなと思ったら、普段より歩く歩幅を半歩広げることからでも良いです。エスカレーターを使っていたのを階段に変えるだけでも良いです。

 
小さな一歩でもまず踏み出す。それが何より大切です。自分に合ったペースで無理し過ぎまずやっていきましょう。

 
 

当サロンでのダイエット向け指導と施術

まず、施術としては筋肉のこり固まってしまっている部分を解消し少しでも体を動かしやすくしたり姿勢改善をしていきます。体が重いとどうしても動かすこと自体が億劫になってしまいますからね。動かしやすくなったら実際に動かしてみたり、運動するうえでの正しいフォームなどを伝えていきます。

 
もちろん人によってどんな運動をしたいのか、どんなことなら出来そうなのかは違うのでそれぞれで伝えていくことは変わってきます。また、食事のアドバイスやチェックをして、どういうところを気をつければいいのか、どうしたらよりバランス良くなるのかを一緒に確認していきます。目標までしっかりとサポートさせてもらいますので一緒に頑張りましょう!
 

ダイエット

 

 


 

その他症状解説:

頭痛

腰痛

肩こり

攣る(つる)

冷え性

下半身太り

肩の痛み(四十肩・五十肩)

肘の痛み

手首・指の痛み

肩甲骨

低気圧と体の関係

 


 

HOME